クロネコヤマト(ヤマト運輸)からお届け予定通知がきたり、不在連絡票が自宅においてあった場合に、誰が送ってきたものなのか?送り主を知りたいと思う人は多いはず。この記事では届く前の荷物の送り主の確認方法を解説します。


差出人(送り主)の確認方法

電話確認で送り主の確認は可能(注意点あり)

ヤマト運輸から届く予定の荷物の送り主(発送者)を調べるには営業所や配達ドライバーに電話をかけて確認する方法があります。電話で問い合わせたときに「お問い合わせ番号」を伝えて「送り主」と「品物名」を聞けば確認することが可能です。

注意点として、送り状に書かれている送り主の名前は必ずしも正しいものでるとは限りません。荷物を送るときに身分証などを掲示しておくるわけではないので存在しない名前や住所で送られてくる可能性も少なからずあります。

お届け予定通知からは確認できない

Yahoo!やLINE、Eメールに届くお届け予定通知を設定してしいる場合、荷物が発送されて届く前に事前にお知らせが届きます。この場合、荷物が現在どこを輸送中なのか、どの営業所が配達を担当しているのかが分かりますが、荷物の差出人や品物名までは確認することはできません。

やはり、担当している営業所に電話をかける必要があります。

荷物の追跡からも確認はできない

送り状番号(お問い合わせ番号)から荷物の現在地や輸送状況をネットから確認する追跡サービスからも荷物の差出人や内容物の詳細を知ることはできません。

自宅に届いた時、受け取る前に確認する

自宅に荷物が届いた時に、受け取る前に送り主が誰なのかを確認することもできます。 身に覚えの無い不審な荷物だと判断すれば受け取りを拒否することもできます。 1度受け取ってサインしてしまうとその後に拒否することはできないので注意が必要です。(受け取りたくない場合は自分で送り返すことになる)

また、電話で確認したときと同様、送り状に書かれている差出人の名前や住所は本人を証明するものではないので差出人に心当たりがあるかどうかは自分で判断するしかありません。