ウォーキングダイエットの歩数や何キロ歩けば良いのか?

ウォーキングはダイエットに効果的ですが、短時間では効果は現れず、最低でも40分は歩かないといけません。というのも、エネルギーが消費されやすいのは歩き始めて20分が経った頃からだからです。それからさらに20分歩く事で、体内のエネルギーはどんどん消化されていきます。歩けば歩くほどダイエットには効果的と言えます。ただ、今日だけ頑張って一時間歩く、次の日は30分などとウォーキングの時間を日によってコロコロ変えるより、毎日一定の時間を歩くと決め、それを継続する方が効果は出やすいので、習慣化することも大切ですね。

ウォーキングダイエットの効果が出やすい時間帯は?

朝、昼、夜、いつウォーキングしても運動になることには変わりません。しかしよりダイエット効果を発揮するには、朝のウォーキングがおススメです。朝は空腹時歩きはじめるため、エネルギーの消費が早く効率がいいからです。昼や夜の運動だと食事した後になるので、その分エネルギーの消化が遅くなります。また、夜の場合はウォーキングする事で脳が活性化し、寝つきが悪くなり、睡眠を阻害する可能性があるので注意が必要です。また、朝のウォーキングの注意点として起きてすぐ歩き始めるのわけではなく、まずは乾いた体に水分補給するようにして下さい。ウォーキングするしないに関わらず、寝起きは身体の水分量が減っています。運動しない場合も、ウォーキングをする場合も、水分補給は大切ですし、そのまま歩き始め汗をかくと脱水症状にもなりかねません。歩いている時も水筒やペットボトルを持ち歩き、何回かに分けて水分補給を必ずするように心がけて下さい。



ウォーキングダイエットの歩く頻度や速度の注意点は?

ウォーキングダイエットを目的として歩く場合は少し早歩きが効果的です。いつもの歩き方の2倍の速さをイメージしてみてください。そこまで早すぎなくて大丈夫です。いつも通りの歩き方でのんびり歩いていては効果は出にくいでしょう。腕を軽く振りながらリズミカルに歩くといいです。歩幅もいつもより少し大きく広げ早歩きする事でヒップアップ効果も得られます。そしてそれを毎日継続しましょう。もし毎日が難しい場合は1日おきに歩きましょう。1日あけることには問題はありません。2、3日あいてしまうとせっかくのダイエット効果がなくなってしまいます。継続あるのみです。

ダイエットシューズに履き替えるとやっぱり効果的?

ウォーキングダイエット用のシューズも販売されています。種類もおおいですよね。最近は見た目から入る人も多くシューズを買ってから歩き始める人も多いです。ダイエットシューズは体重のかけ方や歩き方の修正をしてくれたりと、やはり履くことで、より効果は得られやすくなります。しかし最終的には歩き方のスピードの問題や頻度の問題の方が効果には繋がるのでそこまでシューズ自体に重要視し過ぎなくても大丈夫です。それよりも歩く時の姿勢や歩幅に意識を置き、ウォーキング時間を決めて、続けていくということが重要です。長時間歩きますのでダイエットシューズではなくても、きちんと自分の足のサイズのスニーカーを履いて足腰を傷めない工夫は必要です。