プールダイエット方法のメニューとは?週に何回が最適?

プールダイエットとは、その名の通りジムなどのプールで行う全身運動のことです。プール内で運動を行うことで、陸上で行う運動よりも運動効果がアップします。プールダイエットを効果的に行うためのメニューを紹介します。 まず、プールに入る前には必ず準備運動を行いましょう。怪我の防止になることはもちろん、しっかりと準備運動を行うことでプールダイエットの効果を高めることにも繋がります。 準備運動が終わった後には、筋トレなどの無酸素運動を行うとより効果的です。 次にプールの中での運動です。 水中ウォーキング、クロール、平泳ぎなどから自分の好みのものを選びます。 選ぶメニューによって、鍛えられる部位、消費カロリーなどが変わってくるので目的や自分の能力に応じて選びましょう。 プールダイエットを週に何回行う必要があるかは、どのような運動を選ぶかによって異なります。 水中ウォーキングの場合には毎日行っても身体への負担はそれほど大きくないですが、全力で泳ぐ場合には週2回ほどに留めて置くなど、無理のないようにしましょう。 週に何回行うかにこだわり過ぎず、自分のペースも大切にしたいですね。

プールダイエットって泳げない人でも大丈夫?

プールダイエットと聞くと、クロールや平泳ぎ、背泳などを思い浮かべる方も多いかも知れませんが、泳げなくてもプールダイエットをすることはできます。 まず、プールに入るだけでもちょっとした効果はあります。 プールの中は無重力状態になるため、立っている時と違い、下半身に水分が溜まってしまうことを防ぐことができ、むくみの解消に繋がります。 また水中で動くことで、水の抵抗によってお腹のたるみのシェイプアップ効果も期待できます。 泳げない場合には、水中ウォーキングを行うことをおすすめします。 陸上で行うウォーキングよりも運動効果が高いため、効率的にウォーキングを行うことができます。 しかし、消費カロリーが多いとは言え、水泳をする場合と比べると消費カロリーが少なくなってしまうことも事実です。 ダイエット効果を望む場合には、それなりの時間をかけて水中ウォーキングを行う必要があります。 水中での運動は負荷がかかるので、無理のし過ぎは禁物です。 怪我などのないように気をつけて行うことが大切です。



プールダイエットの効果は?食事制限はあるの?

プールダイエットの効果は、運動の種類や、どの程度の時間運動を行うかにより差があります。 ウォーキングよりも水泳のほうが消費カロリーが多い分、短時間の運動で効果が出やすいと言えます。 しかしウォーキングで効果がでないと言うわけではありません。 水中ウォーキングでもダイエット効果は充分あります。 次に、プールダイエットを行う際の食事についてです。 プールダイエットにおいては消費カロリーが高く、お腹が空いてしまいがちです。 もちろん食べ過ぎに注意する必要はありますが、過度な食事制限は禁物です。 プールダイエット中は、しっかりと3食摂りましょう。 泳ぐ前には糖分を摂ると、すぐエネルギーになります。 また筋肉を綺麗につけるためにも低脂肪のタンパク質を摂ることを心がけましょう。

プールダイエットのウォーキング 歩く方法

プールダイエットのウォーキングを効果的にする方法を紹介します。 まずは姿勢を正します。 姿勢を良くすることで、普段使われていない筋肉も使うことができます。 姿勢を正したら、歩幅を大きくしてゆっくりと歩きます。 両腕もしっかりと前後に振って歩くことを意識しましょう。 ゆっくりとしたウォーキングに慣れてきたら、少しずつウォーキングの速度を速めたり、膝を上げてウォーキングをすると効果を高めることができます。 サイドウォーク(横歩き)や、キックウォーク(蹴りだし歩行)などもおすすめです。 陸上より効果的に運動を行うことができるプールダイエット。 怪我などに気をつけながら無理のないように続けていきたい、おすすめのダイエットてす。