私はそんなに頻繁に夢をみるわけではありませんが
夢を見たときは願望が夢になるとか色々言われすよね。

そんな「夢」の中でも今回は「浮気する夢」と「浮気される夢」の意味を解説します。

 


浮気する夢の意味、暗示するもの

自分が恋人ではない誰かと浮気をしている夢をみたときは
今までよりも人間関係が広がったり、信頼関係が深まったりするといったような暗示です。
対人関係、仕事の相手先や友人関係などで積極的に仲良くなろうという気持ちがある表れです。
あと一歩踏み出せなかった人間関係が深まっていくような、そんないいことを意味します。

浮気を楽しんでいる場合

実生活でも人間関係を深めていくことに前向きで楽しい気持ちがあらわれています。

今まで苦手だと思っていたような人でも話しかけて見ると意外と仲良くなり
コミュニケーションの幅が広まったり、新しい人脈を増やしていくチャンスかも
しれません。
夢の中で浮気していた相手のような人が身近にいれば、仲良くなりやすいでしょう。

浮気をして気持ちが沈んでいる場合

このような夢の場合は、自分が色んな人と話して人間関係の輪を広げたいと思っている
けれども、うまくいかない、気持ちと行動が伴っていないような状態です。

身の回りの知り合い、友人との浮気の場合

この場合は実際に夢の中で浮気している友人や知り合いと仲良くなりたい、親密になりたい
と思っている気持ちがあらわれています。また、その人が素敵で憧れているといった意味合いも
あります。

 

浮気される夢の意味、暗示するもの

浮気される夢の場合は自分の恋人がどんな人と浮気をしているのか
自分はそのときどんな感情なのかで意味が大きく変わってきます。

恋人が知らない人と浮気をする

諸説ありますが、恋人が知らない人と浮気をしている場合は自分に自身が無く、恋人が
誰かに取られてしまうかもしれないという漠然とした不安感情を持っていたり
一方、これは予知夢であるとも言われたりします。通勤などに使うような公共の乗り物に乗っている場合は
浮気相手の方に恋人が気持ちを持っていかれている、旅行などに利用する乗り物(飛行機や船)
などの場合は一時的な浮気を意味します。

恋人が知り合いと浮気をする

恋人が知り合いと浮気をする場合も、不安のあらわれです。その人に恋人をとられてしまうんじゃないか
自分のほうが劣っているのであっちに行ってしまうのではないかなどの考えが表れています。

浮気されて怒っている・怒っていない

浮気をされて怒っている場合、恋人とあなたがコミュニケーションをとれていないことを意味します。
すれ違いや気持ちのズレなどがある可能性があるので、きちんと話合いをしてみてもいいでしょう。

浮気されても怒っていない場合は、あなたが相手に対して信頼しようとしている、また欠点や
嫌いなところを理解しようとしている気持ちの表れです。
逆に気持ちが少し離れているといった意味もあるので、この場合もお互いの気持ちや考えをゆっくり話し合って
みてもいいかもしれません。