佐川急便で運んでもらっている時に荷物が破損した、なんて経験はありますか?個人での利用で1番多いのはネットショップやヤフオク、メルカリなどの個人売買、家族や友人へ荷物を送る場合だと思います。その場合に利用するのは以下の

  • 飛脚宅配便
  • 飛脚ラージサイズ宅配便

がほとんどだと思いますのでこの2つのサービスの利用時に荷物が破損した場合の問い合わせ先や補償について解説していきます。

 

佐川急便の破損対応について

公式ページではかなり細かく決まりごとが書かれていますが細部まで読む人は早々いないと思います。なので大まかに説明しますね。

詳しく知りたい方は佐川急便のこちらの公式サイトで書いてありますのでどうぞ。

飛脚宅配便

まず公式サイトの飛脚宅急便の詳細ページにある

では

損害賠償の限度額は30万円

(免責)
第二十二条 当社は、次の事由による荷物の滅失、き損又は遅延による損害については、損害賠償の責任
を負いません。
一 荷物の欠陥、自然の消耗
二 荷物の性質による発火、爆発、むれ、かび、腐敗、変色、さびその他これに類似する事由
三 同盟罷業若しくは同盟怠業、社会的騒擾その他の事変又は強盗
四 不可抗力による火災
五 予見できない異常な交通障害
六 地震、津波、高潮、大水、暴風雨、地すべり、山崩れその他の天災
七 法令又は公権力の発動による運送の差止め、開封、没収、差押え又は第三者への引渡し
八 荷送人が記載すべき送り状の記載事項の記載過誤その他荷送人又は荷受人の故意又は過失

と書かれています。

分かりやすく言うと

荷物は30万円のものまでは弁償しますが、台風や豪雨、地震などの天災が起こったときに破損してしまったものや輸送中にカビが生えたり錆びたりしたものは補償しません。ということですね。

 

問い合わせ先は?

ネット通販ショップを利用している場合

荷物が破損していた場合、楽天やアマゾンなどのようなショップで購入した場合は出店しているショップへ連絡しましょう。

 

関連記事

 

家族や友人とのやり取りやヤフオクなどの個人売買の場合

家族や友人との荷物のやり取り、ヤフオクやメルカリなどの個人売買の場合は販売者の対応もまちまちなので自分で佐川急便に問い合わせると思っておいたほうが良いでしょう。

問い合わせ先は担当営業所になります。

 

関連記事

 

問い合わせるときに用意しておくもの

  • 破損した荷物の金額が分かるもの(レシート)
  • 請求書

請求書は楽天などでも買えますし、ネットで探せば無料で印刷できるサイトなどもあります。

 

 

請求書はすぐに作成することができますが、1番重要なのは破損した荷物の金額を証明することです。

ネットショップなどで購入した場合は販売元の店舗が対応してくれると思いますが、個人売買などで購入した商品の場合はレシートなどが無いと思いますので落札した金額や購入時のスマホやPCの画面のキャプチャ画像などを用意しましょう。

自分で買ったものを家族などに送った時にレシートが無い場合は証明が難しいですが、同じ商品の価格が分かる写真を店舗で撮影して提出しても請求できることもあるそうです。