ヤマト運輸の荷物お問い合わせサービス(追跡サービス)を利用したときに「調査中」と表示されたときの理由と対処方法を解説します。




ヤマト運輸の追跡サービスで「調査中」になる理由

ヤマト運輸(クロネコヤマト)の宅急便などの荷物を追跡しようとしたときにたまにある「調査中」といった表示はどういった理由からなのでしょうか。

配達状況を表していますので「荷物受付」や「発送」などではなく調査中だとなんとなく不安ですよね。調査中のままだと荷物が届かない場合もありますので、この場合はどうすればいいのか理由や対処方法を解説します。

追跡中の表示 「調査中」になる理由!こんなときに表示される

まずは、通常であればヤマト運輸の追跡サービスを利用して調べた場合
「荷物受付」→「発送」→「作業店経由」→「配達完了」という流れになり、この途中で「調査中」と表示があったときには、何かのトラブルや問題が起こったという理由でこのような表示になっています。

  • 届け先の住所が間違っている
  • 間違った住所に届いている(誤送)
  • 荷物が破損している
  • 届け先の相手が受取を拒否している

などの場合に調査中と表示されます。それでは追跡中が表示されたときはどのように対処すればいいのでしょうか。

調査中になった場合の対処方法

追跡している荷物の状態が「調査中」のままであれば、ヤマト営業所やサービスセンターに電話をして調べてもらいましょう。

担当ドライバー・担当直営店へ電話する

(担当ドライバーや担当直営店とは通常荷物を届ける住所に一番近い営業所になります)以前にご紹介した営業所一覧の記事をご覧ください。

ヤマトコールセンターへ電話をする

ヤマト運輸のコールセンターは午前8時から午後9時まで受付しています。

0120-01-9625

電話で問い合わせるときに、荷物のお問い合わせ番号(追跡番号)を手元に用意しておきましょう。