ヤマト運輸の再配達を依頼した後にキャンセルしたり、配達日や時間を変更する方法や注意点について解説します。


再配達のキャンセル方法

ヤマト運輸で再配達を一旦キャンセルしたい場合は、ネットやLINEからはキャンセルすることはできません。

再配達を依頼した配達を担当している営業所またはお問い合わせ窓口へ直接電話をかけてキャンセルの旨を伝えます。

再配達の日時変更方法

1度依頼した再配達の日時を変更したい場合はキャンセルの時と同様にネットやLINEからの変更はできません。

日時変更のときも担当営業所、お問い合わせ窓口へ直接電話をかけて、指定した再配達の日時を変更したい旨を伝えます。

担当営業所の調べ方

  1. 不在票を確認する
  2. 自宅近くの営業所を検索する
  3. クロネコメンバーズのマイページから調べる

配達を担当している営業所は不在票に記載されています。また、担当営業所は通常、自宅に一番近い最寄の営業所であるはずなのでヤマト運輸の公式サイトから検索することもできます。その他、クロネコメンバーズに登録している場合はマイページから担当営業所の確認も可能です。

ヤマト運輸の営業所一覧

再配達のキャンセル・日時変更の注意点

キャンセル後は再びWEBから再配達の依頼が可能

再配達を依頼した日時にどうしても受取れないけど、確実に受取れる日時がまだ分からないときは、先に再配達のキャンセル連絡をしておきましょう。一旦キャンセルをしておくとその後の再配達はネットから再び依頼することが可能になります。

再配達の日時変更は原則何度でも可能だが保管期間に注意

再配達は何度でも依頼することが可能です。ですが、常識的に考えて短期間に3回、4回と何度も変更することはマナー違反とも言えるでしょう。不在で配達できずに営業所に保管中の荷物には保管期間があります。普通の宅配便であれば7日間、クール宅急便であれば3日間、発送した人が保管期間を決めている場合もあります。

保管期間を過ぎると再配達が出来なくなりますので注意しましょう。

参考:ヤマト運輸(クロネコヤマト)再配達までの保管期間と延長方法 期限が過ぎた時の対処方法

再配達以外の受け取り方

再配達で荷物の受け取りが難しい場合は自分で営業所に取りに行く方法や職場やコンビニに届け先を変更してもらうなどをして対応しましょう。

参考:受け取り場所(届け先)をコンビニに変更する方法