紫外線アレルギーの症状とは?

紫外線アレルギーの症状は、肌や目に出ることが多いとされています。特に肌には紫外線のダメージが強く出やすいとされ、特徴的な症状でアレルギーとわかる場合が多くなっています。肌の赤みや細かい湿疹が出ることがしばしばあり、外見で変化が如実に出てくるとされています。また、人によっては水ぶくれになったり、赤くなった部分が痒みを伴うこともあります。手の甲や腕、足などにはしばしば症状が出やすくなるとされ、注意する必要があると考えられています。また、肌だけではなく、目にも異変が出てくるケースも想定されています。白目が充血することや、何もしていないのに涙が出てくることがあり、紫外線アレルギーの症状のひとつとして認知されています。目の異変と同時に頭痛が発生することもあると考えられていることから、その点も注意することが求められています。

紫外線アレルギーの原因

紫外線アレルギーの原因としては、様々なケースが考えられます。最も多い原因は、紫外線を短時間に大量に浴びることです。顔や腕などの露出部から大量に紫外線が吸収され、体内で抗体ができることによってアレルギー反応が生じます。それまで紫外線に反応していなかった人が、急にアレルギーを起こす事例としても取り上げられています。また、化粧品の化学物質が、紫外線と反応することでも、アレルギーに繋がります。顔の皮膚が引く敵デリケートな人などは、肌に優しい化粧品を選ぶようにすると、紫外線アレルギー対策にも繋がるのではないでしょうか。女性など顔に化粧を普段行う人は注意すべき点となるでしょう。体質や遺伝なども、アレルギーに関連する可能性があると考えられています。家系的に紫外線アレルギーを持つ人は他の人に比べて症状が出やすくなる傾向にあるとも考えられており、それが原因になることもあると認識されています。



紫外線アレルギーの検査方法

アレルギーかどうかの検査方法としては、直接皮膚に紫外線に類似した光を当てて行う、光線過敏症検査がポピュラーとされています。皮膚科で受けることができ、実際に光を当ててから1日経過した後の肌の状態を見て、検査の結果を出します。また、パッチテストで肌にアレルギーの原因となる物質があるかの検査を行うことも実践されています。光に反応する以外にも、体内でアレルゲンとなる物質がある場合にも、紫外線アレルギーが発生すると考えられています。そのため、パッチテストを取り入れる病院も以前に比べて多く見受けられていると推測されています。こうした検査にプラスして、血液検査でアレルギーの傾向の有無を調べることで、検査の正確性を高めることができると認識されています。

紫外線アレルギーの治し方

紫外線アレルギーの治し方としては、内服薬を服用することが最も効果的であるとされています。アレルギーの原因となる体内に存在する物質に対処し、紫外線に強い肌に近付くことが主な目的となっています。内服薬と同様に、外出時などに肌に塗る日焼け止めクリームを利用することも、治療の方式のひとつとして取り上げられています。いずれの治療の方法も、紫外線アレルギーの症状を緩和させることに有効であると考えられていることから、積極的に実践していくことが強く推奨されています。