ピザハットの生地について

ピザハットは、ピザを注文するときにピザ生地を選べるサービスがあります。5種類の生地の中から柔らかい食感やモチモチした生地、厚みなどが異なり、生地のミミとなる部分にソーセージやチーズが入っている生地も用意されています。宅配ピザの大手チェーンではありますが、それぞれの店舗ですべてのピザを手作りしているので注文にあわせて生地をいろいろとカスタマイズすることも可能です。

 

ピザハットの生地メニューは5種類

全部で5種類あるピザの生地は以下の通り

  • ふっくらパンピザ
  • ハンドトス
  • スペシャルクリスピー
  • ゴールデンチーズクラフト
  • パリッとソーセージクラスト

のラインナップとなっています。

最もポピュラーなのがふっくらパンピザで、ピザを頼んだときにはだいたいこの生地を想像すると思います。日本人好みのふわっとした厚みのあるピザ生地で食べごたえもあるので人気です。パンの食感を程よく残していてある程度の厚みもあるのでトッピングを色々とのせていても形が崩れにくく食べやすい特徴があります。肉系やシーフード系などの重厚でボリュームのあるピザにはおススメです。

ハンドトスも基本的なピザ生地のひとつで少し薄めの生地になります。ピザハットの店舗でパンを発酵させ、もっちり感を出しているので出来立ての食感が味わえます。パン生地のタイプとは違ってミミ部分も堅めでカリッとした食感が特徴です。ピザ生地を手でくるくる回しながら作る映像を見たこと無いでしょうか?ハンドトスはそのようにして作られることからこの名前が付いています。

店舗限定でもあるスペシャルクリスピーはハンドトスのピザ生地よりもさらに薄く、カリカリの食感で海外ではこちらの生地のほうがポピュラーといえるのではないでしょうか。生地自体は薄めでカリッとしていてピザのミミも風味がありとてもおいしいピザ生地になります。トッピングの味を生かしながら生地の食感もたのしめますし、薄めの生地なので他のピザ生地よりもたくさん食べることが出来ると思います。

ストリングチーズをミミに入れて焼き上げているのがゴールデンチーズクラストの生地です。ミミの中にトッピングを入れるという斬新な発想はピザハットから広がったとも言われています。チーズはトロトロなのでピザのミミが嫌いで残してしまうという人も、この生地なら最後のお楽しみにストリングチーズの入ったミミを食べたくなるでしょう!

パリッとソーセージクラストもミミにトッピングとしてソーセージが入っています。これも同じくピザ生地のミミが好きではない人にとってとても食べやすく、子供にも人気のピザ生地です。クリーム系のトッピングがのっているピザにはこのピザ生地を選ぶと相性がいいと思います。

 

ピザハットの生地サイズは何センチ?

ピザハットの生地の種類について解説しましたが、大きさはどうでしょう?ピザ生地のサイズは2種類で

Mサイズ 約25センチ

Lサイズ 約31センチ

となっています。Mサイズは2人から3人で食べるのに最適とされていて、8等分にカットされています。

Lサイズは3人から4人くらいがちょうどいい大きさで12等分にカットされています。

 

ピザハットの生地の値段は?

先ほどの5種類の中でも追加料金がかかるのがゴールデンチーズクラストとぱりっとソーセージクラスト

になります。通常の生地よりも割高になり料金はそれぞれ

ゴールデンチーズクラスト

Mサイズ +280円(税込み)

Lサイズ +410円(税込み)

パリッとソーセージクラスト

Mサイズ +280円(税込み)

Lサイズ +410円(税込み)

となっています。(2018年5月現在の料金です。)

その他の生地に関しては追加料金はかかりません。