新幹線を利用するなら往復割引を利用したほうが安いよね!

と思ってよくある東京 大阪間の新幹線の利用に往復切符を買おうと

料金などを検索する人もいると思います。

往復割引乗車券は片道の営業キロが601キロ以上であれば、行き帰りの運賃がそれぞれ1割引になります。
この601キロ以上というのがひっかかってしまい、東京 大阪間の新幹線は往復割引が適用されない!

ということになります。
ちなみに東京から往復割引が適用されるのは西明石から先になるんですね。
営業キロが兵庫県の西明石が601kmを初めて超える境界です。

東京 新大阪 552.6km
東京 西明石 612.3km


東京 大阪間の往復切符を割引料金で買うには?

往復割引の裏技!少し先の西明石まで買う!

最初は、格安ではありませんが、裏技的な買い方。

往復割引の料金表をみていて気づいたのですが
特急券を除いた運賃のみで考えたところ
東京 新大阪間 8,750円
東京 西明石  9,610円
となっています。

さきほど、西明石から往復割引になると書きました。つまり1割引が適用される
ということですね。

そう考えると
東京 新大阪間 8,750円
東京 西明石  9,610円-961円=8649円

となり、東京 新大阪間より100円ほど安くなるではありませんか!
往復で考えると約200円割引ですね。

往復料金を格安にするなら旅行パックのチケットを利用する

まずは東京 大阪間の新幹線利用時の
運賃と特急券料金がこちら
8,750(運賃)+5,390(特急券)=14,140円となります。
往復であれば28,280円ですね。

ところが、日本旅行などで調べた宿泊付き旅行パックチケットの

東京 新大阪間のホテル宿泊+新幹線往復パックを見てみると

 

 

23,300円~!!!

通常の往復料金が28,280円なので

4980円もお得!!

という訳が分からない状況。宿泊も付いているのに往復料金が安い!

ということになります。

宿泊付き往復新幹線のパックなのにホテルに宿泊しないのは大丈夫?

ホテル宿泊パックで売り出されている商品なのに

新幹線の往復切符だけ使ってホテルの利用はしない。

というのは違反などにならないの?と思う人もいるかもしれませんが

料金はキチンと宿泊分も支払っているのでホテルに泊まらないという

ことで迷惑をかけることはありません。

ですが、最低限のマナーとして、当日宿泊しないのであれば

ホテルにキチンと連絡しておきましょう。

(急に、実家や友人宅に宿泊することになったなど問題なければ

理由も添えて伝えたほうがより丁寧ですね)