法人番号は法人に発行されている個別の番号のことです。行政機関や会社・企業間の利便性を図る為に2015年から法人番号が指定され、各法人への通知も始まりました。

今までは会社の所在地(住所)や名前で管理していた情報などを法人番号で管理できます。

マイナンバー(個人番号)の法人版といったところですね。

法人番号検索サイト

法人番号は国税庁の法人番号公表サイトで誰でも調べる事ができます。もしかしたら調べたい会社のホームページなどにも記載されているかもしれませんが、正しい法人番号を知りたいのであれば、法人番号公表サイトから調べましょう。

http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

検索する時の注意点

法人番号の検索、法人名や所在地の調べ方などについて解説します。

会社名(法人名・商号)や所在地(住所)→法人番号

法人番号→会社名(法人名・商号)や所在地(住所)

どちらから検索する時も少し注意点があります。

googleやYahooで何かを検索する時と同じような調べ方だと「該当するデータはありません」という感じで検索できないことがよくあります。

具体的には、

  • 会社名で検索する時には「株式会社」や「有限会社」を入力せずに会社の名前だけにする
  • 会社名をカタカナで検索する時も同様に「カブシキガイシャ」や「ユウゲンガイシャ」などは省く
  • 住所から検索する時は三丁目二十五号十番などの漢字表記を3-25-10などに変換する
  • 法人番号から検索する時は半角の数字を入力する

行政の書類って漢字表記が多いのでそのまま入力してしまう事も多いと思います。注意しましょうね。

法人番号は12桁しかない?13桁との違いは?

書類を見ていて12桁の数字が書かれていたからこれが法人番号だと思っていたら、記入する欄は13桁の法人番号を書くようになっている。

???

と思ったことがある人もいるでしょうね。この12桁と13桁の違いは以下の通り。

12桁 会社法人等番号

13桁 法人番号

ここでは会社法人等番号の詳しい説明は省きますが、12桁の会社法人等番号の数字から算出される数字を1桁足した13桁の番号が法人番号になるわけです。

法人番号=○+12桁(会社法人番号)

○の部分の数字はチェックデジットと呼ばれ決められた方式によって計算する事が出来ます。

法人番号がない会社や団体?これって実在しない会社?詐欺?

法人番号は番号指定を受けた法人に割り当てられる番号になるので、指定を受けていない法人には法人番号がありません。

法人番号が指定されていない法人もあります。

法人番号は、 1.国の機関、2.地方公共団体、3.会社法その他の法令の規定により設立の登記をした法人(設立登記法人)のほか、 4.設立登記法人以外の法人(設立登記のない法人)又は人格のない社団等であって、法人税・消費税の申告納税義務又は給与等に係る所得税の源泉徴収義務を有することとなる団体(※)に指定されます。
また、法人番号を指定されない法人又は人格のない社団等であっても、個別法令で設立された国内に本店を有する法人や国税に関する法律に基づき税務署長等に申告書・届出書等の書類を提出する団体など一定の要件に該当するものは、国税庁長官に届け出ることによって法人番号の指定を受けることができます。
したがって、これらに該当しない法人又は人格のない社団等には、法人番号は指定されません。

引用:国税庁 法人番号公表サイトより


まとめ

法人番号は13桁の数字である。(12桁の数字は会社法人等番号と呼ばれる)

法人番号を知りたい時、または法人番号から住所などを知りたい時は「法人番号公表サイト」を利用する。

検索する時は株式会社などを省いた「会社名」だけで調べるほうが検索結果に出てきやすい。

今回は法人番号の基本的なことをお伝えしました。