ヤマト運輸(クロネコヤマト)の宅急便のオプションの1つである宅急便タイムサービスについて解説します。

どうしても明日の朝までに届けたい仕事の書類や荷物、個人的なものなどでも、いつも使っているクロネコヤマトの宅急便に「宅配便タイムサービス」という有料のオプションを付けることで夕方に預けた荷物が翌朝10時までに配達が完了するというお急ぎ便のようなサービスが「宅急便タイムサービス」になります。


ヤマト運輸の宅配便タイムサービスについて

宅急便タイムサービスの利用には通常のクロネコ宅急便とは料金や利用できるサービスに違いがありますので注意点などを解説します。

受付時間は?何時までに荷物を出せばいいのか。

この宅配便タイムサービスは夕方5時までに受付をした荷物を対象としています。

基本サービスは

受付時間夕方5時まで

お届け時間 翌朝10時まで

となっていますが、荷物を出すエリアや届ける場所、曜日によっては多少受付時間やお届け時間の枠も違ってくるとのことです。

宅急便タイムサービスと併用できるサービスやオプション

宅配便タイムサービスは航空機を利用して届け先までの配達日数を短縮しているため、送ることのできる荷物も限られています。ヤマト運輸のサービスのなかでも通常の宅急便とパソコン宅急便が利用できます。

またお届け日指定、時間帯お届けサービス、営業所止めを利用できますが着払いには対応していませんので注意が必要です。

宅急便タイムサービスの料金

通常のクロネコ宅急便の送料に以下のオプション料金が加算されます

サイズ 重量 追加料金
60サイズ(3辺合計60cm以内) 2kg 324円
80サイズ(3辺合計80cm以内) 5kg 648円
100サイズ(3辺合計80cm以内) 10kg 972円
120サイズ(3辺合計120cm以内) 15kg 1296円
140サイズ(3辺合計140cm以内) 20kg 1620円
160サイズ(3辺合計1600cm以内) 25kg 1944円

宅急便タイムサービスで宅急便を送る方法

宅急便タイムサービスを利用するには通常の送り状とは違う下の画像のような宅急便タイムサービス専用の送り状が必要になりコンビニなどでは取り扱っていません。

送り状は

  • 自宅に集荷に来てもらうときに「宅急便タイムサービス」と依頼する
  • ヤマトの営業所へ持ち込んだときに「宅急便タイムサービス」と指定する

といった方法で入手でき、そのまま記入して送るという手順になります。

途中でも触れましたが宅急便タイムサービスは航空機を利用して運送するので、荷物の中身を詳細に記載する事が義務ではありませんが、具体的に記載するように進められています。もし、品名を書いていない場合は配送できなかったり、遅延の原因になる可能性があるとも記載されています。これは航空利用貨物の保管管理上どうしても安全性を重視してのことなので、送るに持つに関しては送る側も、必ず内容が分かるようにしておきましょう!