宅配ボックス(宅配ロッカー)は荷物を自宅に届けてもらったときに不在だった時に利用できるものとして知っていましたが、実は自宅の宅配ボックスへ集荷に来てもらって、発送までできるという優れたサービスなんですよね。今回はヤマト運輸で宅配ボックスの利用する方法や集荷に来てもらうまでの手順を解説します。




ヤマト運輸で宅配ボックスに集荷に来てもらうには?

留守中にヤマト運輸のドライバーさんに来てもらって荷物を宅配ボックスから取り出し、集荷に来てもらには、最初にクロネコメンバーズへの登録と、宅配ボックスの利用申請が必要になります。

マンションやアパートに設置されている宅配ロッカーで最初からヤマト運輸との契約がされているものはそのまま登録して利用できますが、一戸建てでこれから自宅に宅配ボックスを設置しようとしている方は、ヤマト運輸と提携している会社の宅配ボックスを利用しなくてはいけません。

.クロネコメンバーズへ登録

クロネコメンバーズは宅配ボックスの集荷利用のほかにも発送された荷物の届け先や配達時間などを途中で変更したり、他にも便利な機能がたくさんある会員サービスです。ネット上から無料で申し込めます。

宅配ボックス(ロッカー)発送サービスへ登録

クロネコメンバーズのマイページ(管理画面)から宅配ボックスの集荷利用の登録をします。あらかじめ登録していないと利用できませんのでいきなり集荷依頼する前に済ませておきましょう!

 

宅配ボックスの集荷は途中でキャンセル可能?

集荷の申込みはしたけど、急にキャンセルしなくてはいけなくなった場合はネットからのキャンセルはできません。宅配ボックスへの集荷のキャンセルは最寄のヤマト運輸サービスセンターへ連絡しなくてはいけません。クロネコメンバーズへログインすると集荷に来てくれる予定のサービスセンターへの電話番号などがわかります。この場合はクロネコメンバーズお問い合わせ窓口 0120-36-9625では受け付けてもらえませんので注意しましょう。

 

不在時に荷物を入れてもらう場合の注意点

自分がいなくても集荷に来てもらえるというとても便利な宅配ボックスですが、同じように自宅に不在の場合に荷物を入れておいてもらうこともできます。ただし、この場合に申込みは必要ありませんが、発送時に「宅配ボックス利用」と明記しておかなければ入れてくれないようです。送り主に「宅配ボックス利用」と書いて送ってもらうか、クロネコメンバーズのマイページから届け先を宅配ボックスに変更するという作業が必要になります。今のところ、自動的に宅配ボックスに入れてくれないので注意が必要です。

 

まとめ

ヤマト運輸での宅配ボックス(ロッカー)の利用には、最初その宅配ボックスがヤマト運輸と提携しているものかどうかの確認が必要です。次に集荷の場合はクロネコメンバーズへの事前の登録が必要になります。不在時に入れてもらう場合には送り主に宅配ボックス利用と書いてもらうか、クロネコメンバーズの管理画面から届け先を宅配ボックスに変更するという流れになります。