歯周病の口臭はどんな臭いがするの?

チェック方法は?歯周病になってしまうとどんな臭いがするのでしょうか。人によって異なりますが、生臭い、腐ったような臭いがするといわれています。また、歯周病の一種である歯肉炎がある場合も、血液の腐ったような臭いがしてしまいます。歯周病はセルフチェックすることができます。・起床時に口の中がねばついている。・ブラッシング時や硬いものを食べたときに血が出てしまう・口臭が気になる・歯茎がかゆい、痛い、腫れている・歯がグラグラする・歯と歯の間に食べ物がはさまる思い当たる症状が多い場合は、歯周病のおそれがあります。歯周病は、はやめに対策することで改善できますので、医師の診察を受けることをおすすめします。

歯周病の口臭の原因は?

歯周病による口臭の主な原因は、プラークの中に含まれる細菌が原因です。プラークとは、口腔内の細菌が食べかすを栄養として増殖し、出来た細菌の塊のことです。このプラークに含まれる細菌が、メチルメルカプタンと硫化水素という臭いの強いガスを作ってしまいます。メチルメルカプタンは臭気の強い物質で、歯周病の進行によって増えてしまいます。また、歯周病の進行を助長する物質でもあります。メチルメルカプタンは硫化水素よりも強烈なにおいがします。硫化水素は、卵が腐ったような臭いといわれています。こういった菌が増殖することが原因で口臭が悪化してしまいますので、日ごろから口の中に食べかす等を残さないようにオーラルケアを徹底することが大切です。

歯周病の治し方や口臭に効く歯磨き粉

歯周病の治し方にはどのようなものがあるのでしょうか。歯科で受けられる治療には以下のようなものがあります。・歯石等を取り除く治療・歯周病の原因となるプラークを取り除く治療・膿んでしまった歯茎を取り除く治療歯科医院によって、受けられる治療が異なります。

 

関連記事
歯周病の原因や治療方法

自分にあった治療法を見つけたいですね。

自分で歯周病を予防・改善するためには、食べかすを口腔内に残さないように毎日の歯磨きを徹底することが大切です。歯周病におすすめの歯磨き粉は、コンクールのリペリオやジェルコートFです。リペリオは、他の歯磨き粉にはない歯茎活性化効果があるので、歯茎を健康に保ち、一度下がってしまった歯茎でも改善されます。ジェルコートFは殺菌力が高く、研磨剤や発泡剤が入っていないので体に優しいという点が人気です。どちらの歯磨き粉も多くの歯科医院で推奨を受けていて、ネット上の口コミでも評判が高いです。

他にも私が実際に使用した歯磨き粉や選ぶ時のチェックポイントについての記事を書いていますので参考までにどうぞ

関連記事

 

歯周病の口臭予防におすすめの薬やサプリ

歯周病の予防・改善には、薬やサプリを活用することも有効です。おすすめの薬は、ジスロマック(アジスロマイシン)です。ジスロマックは、歯周病の病原菌の繁殖を抑えてくれる抗生物質です。1日1回3日間服用すると、効果が長期(7~14日)に渡って継続します。おすすめのサプリは、マスティックです。マスティックは古代ギリシャから活用されていた樹液で、歯周病の原因となる細菌に対し、抗菌作用を発揮してくれますので、口臭を予防し、歯をきれいに保つ効果があります。こういった薬やサプリを活用して、普段から歯周病対策をすすめていきたいですね。