佐川急便の荷物の追跡データが反映されないときや反映が遅いときの原因や対処方法について解説します。





佐川急便 追跡データが反映されない原因は?

佐川急便で荷物の現在の状況を知ることができる追跡サービスを利用する時に追跡番号(お問い合わせ番号)を入力してもデータが登録されていませんという具合にエラー表示になってしまうことがあります。

何度か試して、正しい番号を入力しているにも関わらず、このようになる原因は何なのでしょうか?

通常の表示では以下のように荷物の状況が表示されます。

荷物受取

集荷

輸送中

配達中

配達完了

営業所で荷物を受取りが完了したところからスタートしますので、荷物がまだ受け取られていないということになります。

しかし、発送する人から確かに荷物を集荷に来てもらったとか、コンビニから先ほど発送が完了したと連絡があったにも関わらず、データには反映されていない。追跡番号も間違っているわけではないというときでも追跡データが反映されないときがあります。



この場合考えられる原因は

  • 相手の手違いでまだ荷物が発送されていない。
  • 当日配達の締め切り時間を過ぎて発送手続きをしている。
  • 相手から教えてもらった追跡番号が間違えている
  • 荷物は佐川急便で受け取られているが、データがまだ入力されていない

などの理由が考えられます。

対処方法

簡単な方法から順番に対処や確認方法を解説します。

追跡番号が正しいか確認

まずは追跡番号を入力したときの表示を確認してください。

「お荷物データが登録されておりません。」の場合は追跡番号は存在するが、データが入力されていない場合

「該当なし 恐れ入りますが、お問い合せ送り状NOをお確かめください。」と表示された場合は追跡データの番号が存在しない、間違っているということになります。該当なしの場合は荷物の送り主にもう一度、追跡番号を確認してみましょう。

当日配達の締切時間が過ぎている

荷物を発送した人から「本日荷物を発送しました」と連絡があったとしても佐川急便の営業所での「当日配達締切時間」を過ぎている場合、翌日の発送となります。この場合は追跡データにも反映されずに、翌日になってから追跡可能になります。

1日時間をおく

は1日時間をおいてからもう一度追跡番号を入力してみるということです。荷物の受取がドライバーさんの集荷やコンビニからの発送の場合、データが反映されるまでに時間がかかります。数時間の場合もあれば、1日以上かかるときもあるようです。

2日以上経っても反映されない場合は送り主に発送した日時や追跡番号の確認をしましょう。

佐川急便の営業所へ電話

確実に発送したにも関わらず追跡番号がいつまで経っても反映されない場合はまずは送り主に荷物を受取してもらった営業所へ電話で確認してもらうかまたは、自分で担当営業所へ電話をして調べてもらいましょう。その際に、追跡番号を手元に準備しておくことをお忘れなく。この場合の担当営業所は自分の最寄りの営業所ではなく発送された相手側が荷物を出した営業所へ確認することになります。

佐川急便の荷物追跡サービスの表示が反映されない場合の原因と対処方法を解説しましたが、追跡データの反映は1日~3日くらいおくれることもよくあるようですので、気長に待つか、どうしても荷物の状況を知りたい場合は電話で確認するのが確実だと思います。