この記事では関連キーワードとサジェストキーワードの違いについて解説します。世間一般では、この2つを同じ意味で扱われることもありますが、明確には違いがあり、その差も明らかです。

違いを正確に知ることで検索意図から外れたコンテンツをつくるという失敗を防ぐこともできますし、より効果的なSEOキーワード選択やコンテンツの作成にも役に立ちます。


関連キーワードとサジェストキーワードの違い

まず、Google検索で関連キーワードとサジェストキーワードは非常に似ていますが、検索結果を見てみると違いが分かります。

例えばテレワークで検索したときのそれぞれの検索結果で異なる点があります。

  • 関連キーワード=現在地の情報は関係ない
  • サジェストキーワード=現在地の情報も含まれている

すぐに分かる明確な違いは関連キーワードはより一般的で関連の深いキーワードが表示されます。一方でサジェストキーワードは現在地も含む情報から検索候補として表示されます。

これを踏まえてさらに深堀りしていきます。

関連キーワードとは?

関連キーワードはGoogleで検索した時に検索結果の画面下部に表示される関連するキーワードです。○○に関連する検索キーワードでおなじみのやつ。

サジェストキーワードとは

サジェストキーワードはGoogleで検索したときに検索窓のすぐ下に表示されるキーワードの一覧のことです。予測変換とも言われます。

Google検索のオートコンプリート機能が関係していてLINEなどでも同様の機能があり、浮気を見つける秘密道具にもなるやつです。

関連キーワードが表示される条件は?

実は関連するキーワードがどのようにしてリスト化され表示しているのかその条件までは正式にGoogleからは明らかにされていません。一部はオートコンプリート機能などもアルゴリズムに含まれるようです。

サジェストキーワードと比較して分かることは、現在地などのローカルな情報は関連キーワードには含まれていないということはわかります。

他の特徴としては関連キーワードは入力した検索キーワードが含まれないキーワードも表示されます。例えば「サジェストキーワード」と検索したときに関連するキーワードの一覧に「キーワードプランナー」や「ubersuggest」などが含まれています。

この特徴から検索した時に表示されているWEBページで検索キーワードと同時に出現率の高いキーワードが関連キーワードとして表示されていることもわかります。

→サジェストキーワードで検索すると、キーワードプランナーやubersuggestという単語が使われているWEBページが多いということですね。

サジェストキーワードが表示される条件は?

一方でサジェストキーワードが表示される条件はGoogleヘルプで公開されています。Googleのヘルプセンターによると

Google では、人気度や類似性などの要因に基づいて検索候補を表示します。

としています。

ヘルプセンターでの言及を要約したものが以下。

オートコンプリートは入力した検索キーワードを元に人間の操作などは関与せずにアルゴリズムによって自動的に生成される

  • Googleアカウントでログイン時の検索履歴
  • 地域性も関係する
  • 他のユーザーが検索しているキーワード
  • 人気度や類似度
  • 急上昇しているトレンドのキーワード
  • その他ウェブ上のさまざまな情報を反映

これらの条件がアルゴリズムの要因となっている。

出典:Googleヘルプ:オートコンプリートの仕組み

自分が過去に検索したキーワードが表示されると思っていたけど、検索したことのないキーワードの検索候補も表示されるのはこのためですね。

サジェストキーワードはよりパーソナライズされた検索結果(過去の自分の履歴、現在地からのローカル情報やトレンド、リアルタイム情報、他ユーザーも検索している人気キーワード)などから欲しい情報がすぐに見つかるように最適化された検索候補だと言えますね。

関連キーワードとサジェストキーワードどちらを使えばSEOに効果的?

それではSEOキーワードを選択するときに「関連キーワード」と「サジェストキーワード」はどちらが効果的なのか?

答えは、目的により使い分けることが効果的でしょう。

関連キーワードはより一般的でキーワードの対象範囲が広いので検索ボリュームが大きい=アクセス数が多いキーワードを見つけやすい傾向にある。

サジェストキーワードはトレンドや検索履歴や現在地情報なども含まれるので、関連キーワードで見つけられないニッチなキーワードを見つけることができる可能性がある。

SEOキーワードとして選択するなら、このように目的別に分けてリサーチすると効果的な使い方ができそうです。

まとめ

以上のことから関連キーワードとサジェストキーワードを簡潔にまとめました。

関連キーワードは検索キーワードと関係の深いキーワードを表示。より一般的で広い意味として検索される人気キーワードが含まれる。

サジェストキーワードはスピーディに欲しい検索結果を得るために最適化された検索候補。現在地が関係するキーワードにはは地域名なども含まれるなど、より個人に近い人気キーワードが含まれる。

Google検索のアルゴリズムは日々進化していますので関連キーワードやサジェストキーワードの内容も変化します。もしかしたらまったく違うシステムになる日も来るかもしれません。

変わらないのはGoogleはユーザーファーストで検索結果を最適化することをゴールとしているという事実です。関連キーワードもサジェストキーワードもそのための1つの機能に過ぎないと理解しておきましょう。