【最新情報】7pay、9月末で終了

7月1日から開始されたセブンペイは数日で不正ログインなどによりサービスが停止し、9月末で一旦終了するという発表がありました。

今後、再びバーコード決済へ参入するのかどうかはわかりませんが、セブンイレブンとしてはまた再チャレンジを考えているそうです。

新しいサービスが始まるときは犯罪者にも狙われやすいんですね。これからも同様に色んな会社が新しいサービスを始めると思いますが、クレジットカードを登録するようなサービスには気をつけましょう!

今後の参考のために以下の記事は残しておきます。

↓↓

セブンイレブンでnanacoを使ってポイントを貯めている人にとっては、かなり大切な情報です。7月1日から導入されるセブンペイによって、nanacoのポイント還元率などが大幅変更されます。

この記事ではセブンペイがいつから始まるのか?nanacoとの還元率の違いや注意点などをご紹介します。

2019年7月からの予定7月1日よりセブン&アイ・ホールディングスの傘下にあるセブンペイ社が7payアプリをリリースします。

7ペイとは?

7pay(セブンペイ)とはセブンイレブンで使えるスマホを使ったバーコード決済サービスです。スマホアプリを起動して表示されたバーコードをレジで「ピッ」っと読み取ってもらうやつですね。


7PAY使い方 還元率やチャージ方法

還元率
200円(税別)につき nanacoポイント1ポイント
その他特典プログラムバッジ、マイルを貯めることも可能(情報がまとまり次第詳しく追記します)

チャージ方法
クレジットカード
セブンイレブンのATM
店頭レジ

7月1日にサービスが開始となりますが、最初は現在のセブンイレブンアプリから登録して利用する形になるそうです。

その後10月ごろから7payの専用アプリがダウンロードできるようになるそう。セブン以外の場所でも使えるみたいなので利用頻度は高くなりそうですね。

7PAY(セブンペイ) とナナコ(nanaco)は結局どっちがいい?

ナナコ(nanaco)と7Pay(セブンペイ)は結局どっちがいいのか?というと、使い勝手からいうとnanacoカードの方が、レジでピッとかざすだけなので簡単でいいと思います。セブンペイはアプリなのでアプリを起動してバーコードを読み込んでもらわないといけないので、少しだけ手間があります。

ですが、見過ごせないのが両者のポイント還元率の違いです。

7PAY とnanacoの最大の違いは還元率

どちらを使うべきかというと答えは7Payになります。

セブンイレブンはどうやらnanacoカードよりも7payを使ってもらいたいようです。7payと同時にnanacoカードの還元率の大幅変更(改悪)も発表されました。

nanacoカードの還元率変更

変更前変更後
100円(税抜き)につき1ポイント
(還元率1%)
200円につき1ポイント
(還元率0.5%)

なんと、nanacoカードの還元率半減です。一応、期間限定で還元率をアップする期間などもあるようですが、普段から利用するならやはりアプリに移行したほうがよさそうですね。注意点として、nanacoカードの場合は今までと同じように使っていても半分しかポイントが貯まらないというところ。しかも200円未満ではポイントは付与されません。

nanacoカードを利用していた人にとっては少し戸惑うことかもしれません。ですが、今までいまいち認知度が低かったセブンのマイルなんかもサービスが広がっていきそうですし、アプリに移行することで今までと変わりなくポイントは付与されますので、迷わず7payアプリに乗り換えたほうが得策ですね。