佐川急便の追跡状況(お荷物問い合わせサービス)を利用したときに、表示されている下向きの矢印(↓)や横向きの矢印(→)の意味することや、表示されている日時は到着した時なのか?出発したときなのか?など疑問に思う人が多いのでわかりやすくまとめました。


佐川急便の荷物問い合わせサービスで追跡したときの表示の見方

佐川急便のお荷物問い合わせサービスの使い方はわかりますよね?もしわからない!という方はこちらの記事を見てみてください。

WEBページにアクセスしてお問い合わせ番号を入力すると荷物状況を追跡してくれるというもの。

追跡して荷物の状況が表示されると下の画像のような表示になります。

表示されている項目の意味を解説していきます。

荷物状況

  • 「集荷」は荷物を引き受けた時間
  • 「輸送中」はそのままの意味で運んでいる途中
  • 「持戻り」不在だった為、配達予定の荷物を持ち帰り中
  • 「ご不在」これもわかりますね、荷物を届けたけど不在だったということ。
  • 「保管中」不在だったり宛先が分からなかったりして届けることが出来なかった荷物を一旦営業所で保管している状態
  • 「配達中」担当(最寄の)営業所を出発して配達場所に向かっている途中
  • 「配達完了」荷物を届け先に届けた

荷物状況はだいたいこういった表示になります。

日時

営業所や中継センターに到着した時間。よくある質問として、表示されている時刻は荷物が営業所などに到着した時間なのか、出発した時刻なのかわからないと言われていますが、表示されている営業所や中継センターなどに「到着した時間」ということを覚えておきましょう。

例えば、下の画像のように表示されている場合は

9月17日午後6時17分に神奈川中継センターに到着した荷物が現在輸送中。次の目的地に向かっていると言うことになります。

担当営業所

表示されている担当営業所は表示されている時刻に荷物を預かったり輸送したりした営業所が表示されます。

よくあるのが、表示中の営業所からなかなか移動しない。動かない、表示が変わらなくてイライラする!といった状況です。

先ほどと同じ状況で荷物が動かないので状況を調べたいときであれば神奈川中継センターに電話をすることになりますが、中継センターは電話番号が公開されていませんので、1つ前の表示の横浜鶴見営業所に電話をして調べてもらうことになります。