佐川急便を使って荷物を送る場合、集荷にきてもらう方法と営業所に持ち込む方法があります。持ち込みで発送すると運賃が100円割引になることと、集荷に来てもらう場合は一定時間、自宅で待っていなくてはいけないことを考えると、可能であれば営業所へ自分で持って行くほうがおすすめです。


佐川急便に荷物を持ち込みで発送する方法

持ち込みの場合のメリット

持ち込んだ場合には色々なメリットがあります。

  • 運賃が100円割引になる
  • 営業時間内であれば自分の好きな時間に持ち込める
  • 梱包材がない場合は購入できる(販売している営業所のみ)
  • 集荷を頼んだけどなかなか来ないという心配がない

営業所や取次店に荷物を持っていく場合に予約などは必要ありませんが、事前に最寄りの営業所が荷物を引き受けてくれる受付時間などは調べてから行った方がいいでしょう。梱包材が無い場合は販売している営業所へ持ち込めばその場で梱包材に荷物を入れることもできます。

持ち込みできる受付時間(営業時間)

佐川急便へ荷物を持ち込む場合、営業時間内であれば荷物の引き受けをしてもらえます。受付時間は24時間の営業所もあれば、9:00〜20:00までの営業所もありバラバラです。

持ち込んだ当日に発送する受付締め切り時間

持ち込んだ荷物を当日中に発送してもらいたい場合、営業時間とは別に当日発送の締め切り時間に注意しましょう。

当日発送の受付締め切り時間についても営業所によって締め切り時間が決まっていますので確認が必要になります。

佐川急便 営業所検索

持ち込みできる意外な場所

近くに佐川急便の営業所がないと思っていても、荷物を受け付けてもらえる取次店がある場合もあります。コーヒーショップやスポーツ用品店などが佐川急便の取次店となっている場合もあり、荷物を持ち込むことができます。

持ち込みに関する注意点

佐川急便の荷物を持ち込みで送る場合の注意点はいくつかあります。

  • 営業所ごとに営業時間や当日発送の締切時間が違う
  • 飛脚クール便の場合も受付可能かなどの確認が必要
  • コンビニに持ち込みはできない

佐川急便は個人よりも企業向けのサービスが充実しているためコンビニなどで発送することができず、営業所などの数もヤマト運輸などに比べて少ないです。必ず佐川急便で送らなければいけないという理由がないのであればヤマト運輸で荷物を発送するほうが簡単です。