楽天市場の配達状況を確認したときに配送ステータスが「配達不能」と表示されているときの意味や対処方法を解説します。

配達不能のまま放っておくと商品は届きません。必ず対処しましょう。


配達状況の確認方法

配達状況の確認方法は楽天市場の各ショップによって異なります。また配送業者によっては配達状況を確認できない場合もあります。ここでは大手3社の場合の確認方法をご紹介します。

ゆうパック・佐川急便の場合

  • 楽天市場の購入履歴一覧をタップ(クリック)
  • 購入した商品の左側にある「配送状況を確認」をタップ
  • 日本郵便(または佐川急便)のサイトからご確認くださいと表示されるのでリンクをタップ
  • 日本郵便(または佐川急便)のサイトから配送状況を確認

ヤマト運輸の場合

ヤマト運輸の場合は楽天市場の管理画面内で配送状況を確認することができます。もちろんお問い合わせ番号があればヤマト運輸のサイトへアクセスして直接確認することもできます。

  • 楽天市場の購入履歴一覧をタップ(クリック)
  • 購入した商品の左側にある「配送状況を確認」をタップ
  • 画面内に配送ステータスが表示される

配達不能の意味

配達不能の意味は何かしらの原因で配達できないということ。その原因は様々ですが主に原因は下記の1~3番です。

  1. 運送中に荷物が破損してしまった。
  2. 災害などにより配送トラックが届け先に配達できない場所(配達不能地域)
  3. 届け先の住所がない (宛先の間違い)
  4. 一定期間不在で配達できなかった
  5. 家族や同居人が受け取りを拒否していた。
  6. その他運送会社のトラブル

配達不能だった場合の対処方法

お問い合わせ番号を用意して運送会社の担当営業所に電話することが最善

配達不能だった場合は配達を担当している運送業者へ問い合わせることが唯一の対処方法となります。荷物の状況を確認するためには「お問い合わせ番号(伝票番号)」が必要になりますので手元に用意しておきましょう。

問い合わせ先を間違えると手間になるので一応まとめておきます。

問い合わせ先
楽天市場ショッピングモールなので各店舗の問い合わせ先ではない
購入した店舗問い合わせはできるが店舗から配送業者に問い合わせてもらうか、自分で配送業者に問い合わせるように言われる。
運送業者
(ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便など)
配送業者の配達を担当している営業所が1番に状況を把握している。

楽天市場で買ったからと言って楽天市場に問い合わせるわけではなく、商品についてのことは店舗へ問い合わせをしなくてはいけません。そして楽天市場の各店舗は商品の運送を契約している運送業者に委託しているだけなので楽天市場の店舗へ問い合わせるより、直接運送業者へ問い合わせるほうが確実だということです。

「お問い合わせ番号」が分からない場合は楽天市場の商品を購入した店舗に問い合わせて番号を聞いて、その際にお店側からも運送会社に問い合わせてもらうとより確実です。