ブログを書くのって時間がかかる。

  • 最低何文字書けばいいの?
  • ブログ記事に最適な文字数を知りたい!

ブログを書き始めた頃はそんな疑問がある人も多いはず。

結論から言うと「文字数は関係ない」です。

Googleもそう言ってます。

とはいえ、文字数は関係ないって言われても…

ますますわからなくなると思います。

あえて答えるなら

読者の疑問に対する答えを
わかりやすくまとめる事ができる文字数

となります。

もう少し深掘りしていきます。

実際に上位表示されているWEBサイトを見てみると

調査すればわかりますが文字数はバラバラです。

便利なツールがあるので是非使ってみてください。

かんたん文字数カウント

無料で使えるChormeの機能拡張です。ブラウザ上でブログの文字数をカウントすることができます。

「文字数は関係ない」と言いましたが、記事を書く毎にこのキーワードで上位表示するためにはこのくらい書かないとダメかな。

みたいな指標はあります。
詳しくは記事の続きをどうぞ。


実際にみんなはどのくらいの文字数で書いてるのか

ブログ記事の文字数が何文字が最適?という疑問は読者が考えている悩みによって変わります。

例1:単語の英訳を調べる場合

例えば、たまごの英訳が知りたい人は「egg」が答えになります。

実際googleの検索窓に「たまご 英訳」と入力して検索してみてください。一番上にgoogle翻訳が表示され、そのあとに辞書サイトが表示されます。

たまごの英訳が知りたい人に1000文字や2000文字も必要ないですよね。

そんなに長文で書かれていても調べる人は逆に迷惑です。

例2:ブログサービスのおすすめを知りたい場合

一方で

「ブログサービス おすすめ」で上位表示されるWEBサイトを見てみると以下のようになっています。(調べた時点)

  • 1位:約7300文字
  • 2位:約6600文字
  • 3位:約20000文字
  • 4位:約7500文字

結構長文ですよね。

これには理由があります。

おすすめのブログサービスの説明に

  • はてなブログ
  • シーサーブログ
  • FC2ブログ
  • ライブドアブログ

がおすすめです!

といった具合におすすめサービスを箇条書きにしただけでは納得できませんよね。情報量が少なすぎます。

この場合は色々なブログサービスを紹介するのである程度の網羅性が必要なので、おのずと文字数が多くなる傾向にあります。

それぞれのブログサービスの機能や違い、使いやすさからおすすめの根拠などが内容にわかりやすく書かれている必要があります。各ブログを比較した結果おすすめはコレ!だと納得する人も多いと思います。

こういった内容をまとめるためには5000文字以上は必要になってくるということです。

だいたいわかりましたか?

例3:「ブログ記事 文字数」で検索された場合

他にも「ブログ 記事 文字数」で検索したときは、

  • 1位:約1400文字
  • 2位:約6700文字
  • 3位:約3200文字
  • 4位:約3600文字
  • 5位:約800文字

となっていて800文字〜7000文字くらいのWEBサイトという結果でした。

記事の内容としては、ブログ記事を書くなら文字数何文字が最適なのか?という問いに対して、独自の考えや視点から答えを出したり、データを示して記事の中で説明するという内容です。

さきほどの「ブログサービス おすすめ」に比べて各ブログの機能を比較したり、特徴を説明したりなどの情報の網羅性も必要ないテーマです。

そのため文字数が少なめに感じますよね。

このように、ブログの記事数は何文字が最適か?というのは記事を書く側の考えであって

読者側からすれば

  • 知りたいこと
  • 有益なこと
  • 確かな根拠(信頼性)

を簡単にわかりやすく書いてあれば何文字でもいい。という話になります。

冒頭でお伝えした

読者の疑問に対する答えを
わかりやすくまとめる事ができる文字数

というのはこういった理由です。

最適な文字数は無いけど1000文字以上は必要

読者の疑問をどのくらいの文章でまとめられるか?それで文字数が変わることはわかりましたよね。

とはいえ、何文字でもいいと言ってもtwitter並みの文字数で100記事書いてもさすがにただのペラペラな日記ブログのように思えますよね。

好きな事を書いている日記ブログならもちろんそれでいいのですが。

  • 読みやすい
  • 整理された
  • 有益な
  • 根拠もある

そのような記事を書くためには僕の場合、最低1000文字以上は必要です。いやもっと必要かもしれません。

だいたい何かを検索したときに300文字くらいの記事とかあまり見たことありません。(さっきのツールで調べてみてください。)

そして読者が知りたかった情報をきちんと伝えることができて、さらにこの記事を読んで良かったと思わせるような+αを記事に持たせることで検索上位にいるWEBサイトは存在しています。(そうでないWEBサイトもありますが)

そのためには2000文字とか3000文字くらいになってくるんですね。

(ちなみにこの記事は大体2200文字くらい。)

まとめ

  • 何文字くらいが最適かはこっちの都合。
  • 読者の事を考えて記事を書いた結果が文字数になる。
  • でもだいたい最低1000文字以上はみんな書いてるよ。2000文字とか3000文字くらい書かないとオリジナリティを出すのが難しいかも。

実際にSEOキーワードで検索した時に上位表示されているWEBサイトを調査してみて文字数が何文字のサイトが多いのかを把握しましょう。そうすれば読者の求める答えを書くのに必要な文字数の平均値が読み取れると思います。