この記事では「マップル」と「るるぶ」の違いについて簡単に説明していきたいと思います。

旅行を計画するときにはガイドブックを見ることも多いかと思います。そんなときに有名どころのまっぷるとるるぶ。他にもたくさんありますが、
選ぶガイドブックによってあなたの旅行の楽しさは何倍にも膨れ上がるかもしれませんしはたまた失敗に終わるかもしれないといっても過言ではありません。

そんな旅行のガイドブック選びのガイドとしてこの記事を読んでいただけたらと思います。

「マップル」と「るるぶ」どっちがいい?

そんなマップルとるるぶですが、掲載内容や見た目どれをとっても似ています。結論から言うと私にとってはどちらとも同じくらい使い勝手は良いという答えになります。

色んな情報を調べるならインターネットで検索すればガイドブックよりもはるかにたくさんの情報が入ってきます。でも、ネットの場合は情報量が多すぎるのと検索のセンスというものが必要になってきます。

検索方法によっておススメの場所やガイドブックに乗っていないような穴場を知ることもできるかもしれませんが、たまたま検索して上位に出てきたページが古い情報だったりすると、最新の情報じゃなくて現地に行くと
違っていた!なんて事があったり、行きたかったお店の定休日が変わっていた、なんてこともあるかもしれません。

そんなことを考えたり、検索するセンスがなくてもいつでもおすすめで最新の情報を提供してくれるマップルやるるぶ。

大手ではじゃらんもありますが、じゃらんは広いエリアの情報を取り扱っているので各都道府県の情報を1冊ずつにまとめられているという点で言うとマップルやるるぶとは違います。

同じくらいの使いやすさとはいいましたが、それでもこの2つには違いがあります。最終的にはどちらを買えばいいでしょうか?

「マップル」と「るるぶ」の違い

各観光地の情報を掲載しているページを比べてみるとマップルのほうが観光地の地域のマイナーな情報を少し多めに載せているということと、マップルは電子書籍版も同時に利用できると言う点では違いが出てきます。
まっぷるリンクというアプリを利用して購入者限定で電子書籍とスマホを連動して利用することができます。
この機能はるるぶにはありません。電子書籍版はどちらもありますが、るるぶの場合は料金も別でスマホアプリもありませんので
私の場合は最終的にまっぷるに軍配があがりました。