自転車を宅配便で送る方法を解説します。自転車を送るといっても、引越しに伴って引っ越し先に自転車を送りたい、人に譲ったり売ったりするので送りたいといった理由の人や遠方にロードバイクを送ってツーリングを楽しみたい、イベントに参加するために送りたいなど理由は様々だと思います。

通常の宅配便で送ることは可能?

小さな自転車(子供用や折りたたみ式)で正しく梱包してダンボールに収めることができれば、普通の宅配便での発送も可能です。

大人が乗るロードバイクやシティサイクル(ママチャリ)、マウンテンバイクなどの自転車はサイズオーバーとなり通常の宅配便で送ることはできません。

また、普通の宅配便で送ることができる場合も自分で自転車は不定形で正しく梱包するのはかなり面倒なのでおすすめは梱包も輸送もしてくれる専門業者です。

自転車の梱包方法

自転車を送ることができる宅配業者

自転車を送ることができる配送業者をご紹介します。自転車に特化している配送業者は西濃運輸のカンガルー自転車イベント便とシエロエクスプレスですが、ロードタイプ、クロスタイプの自転車に限られシティサイクル(ママチャリ)は送ることができません。一方でヤマト運輸のらくらく家財便は自転車を分解する必要も無く、ロードバイクでもママチャリでもそのまま送ることが可能です。

ヤマト運輸 らくらく家財便

ヤマト運輸のらくらく家財宅急便を利用すれば自転車を送ることができます。なんといっても梱包から輸送まで全部おまかせできます!

東京から大阪まで送ったときの送料

ヤマト運輸 らくらく家財便
12125円(作業、梱包材込)

らくらく料金検索によると自転車(22インチ) の場合東京から大阪までの送料が12125円です。

らくらく料金検索

西濃運輸 カンガルー自転車イベント便/輸送便

西濃運輸のカンガルー自転車イベント便/輸送便ではロードバイクを目的地まで送ることができます。自分で梱包しなくてはなりませんが専用の輸行箱の購入やレンタルも可能です。

集荷から発送までの流れ

  1. WEBからカンガルー自転車イベント便/輸送便の注文
  2. 輪行箱・輪行ケースに荷物を梱包(持っていない場合はWEBで注文)して届いてから梱包。
  3. 自転車の集荷指定日に引き渡す。
  4. トラックで輸送
  5. 目的地で受け取る

集荷から受け取りまでは以上のような流れとなります。

自転車輸送のみ5960円~
自転車輸送
輸行箱レンタル
9160円~
(箱レンタル3200円)
自転車輸送
輸行箱購入
8960円~
(箱購入3000円~)

東京から大阪まで自転車を送った場合の送料

カンガルー自転車イベント便
10280円(輸送キット込み)

カンガルー自転車イベント便/輸送便を利用して東京から大阪まで自転車を送った場合の送料は7280円で輸行箱をレンタルした場合は10480円、輸行箱を購入した場合は10280円となります。

輸行箱は購入する場合グレードがあります。

  • シンプル輸行箱(3000円税込み)
  • オリジナル輸行箱(8100円税込み)
  • バイクサンド(25250円税込み)

西濃運輸 各種輸行箱のご紹介より

自宅に梱包する箱が無い場合は輸行箱WEBで購入してから集荷日までに梱包しておきましょう。

西濃運輸 カンガルー自転車イベント便/輸送便 申し込みページ

シエロエクスプレス

シエロエクスプレスは自転車専用の宅配会社です。WEBから受付をして配送キットを送ってもらって集荷に来てもらうシンプルなサービスです。

シエロエクスプレスで自転車を送る流れ

  1. WEBで受付
  2. 料金を確認後、入金
  3. 配送キットが届く(配送キットがある場合はすぐに集荷)
  4. 自転車の集荷
  5. 指定した場所へ輸送
  6. 受け取り

東京から大阪まで自転車を送った場合の送料

シエロエクスプレス
8900円(配送キット)

東京から大阪までの料金は片道5500円。配送キット料金は3400円なので8900円で送ることが可能です。

シクロエクスプレス

佐川急便とゆうパックは自転車送れる?

佐川急便では個人で利用できるサービスで自転車を送るサービスはありません。法人での利用の場合は「大型家具・家電設置輸送サービス」を利用して法人、個人宛の自転車の発送は可能となっています。

ゆうパックでは自転車を送ることができるサービスはありません。通常のゆうパックのサイズに収まる子供用の自転車などであれば梱包すれば送ることもできます。

まとめ

自転車を送る目的によって運送業者を使い分けましょう。

引越し、人に譲る
→ヤマト運輸 らくらく家財便

競技大会、イベント参加などで送る
→カンガルー自転車イベント便/輸送便、シエロエクスプレス