Googleやyahooなどのポータルサイト、twitter、インスタなどのSNS、スマホ決済などで利用するPayPayや楽天ペイ、そのほかあらゆるサービスは最初にログインが必要になることがほとんどです。

ログインとはあらかじめ設定したIDとパスワードを入力して自分専用のアカウントやマイページにアクセスすることです。そんなログインがある日突然出来なくなった場合の原因・理由や対処方法を解説します。


ログインできない原因・理由と対処方法

ブラウザに原因がある

インターネット上にあるWEBサイトにアクセスするために普段からsafariやchorme、Internet Explorerといったブラウザを利用しています。このブラウザに不具合があるとログインが出来ない原因になることがあります。

対処方法

ブラウザに原因があるのであれば、大抵の場合はブラウザのCookie(クッキー)やキャッシュを削除することで解決することが出来ます。

インターネットに接続出来ていない

インターネットに接続出来ていないとWEBサイトにアクセスもできないためログインができない状態になります。インターネットにアクセスするために私たちは自宅の光回線やWifi、4G回線などを利用していますが、電波の届いていないエリアでスマホを操作したり、サービスを提供するプロバイダ側が一時的に障害が起こっていて問題があったりと原因は様々です。

対処方法

ルーターの再起動

いつもインターネットにアクセスしている環境で突然接続できなくなったのであればルーターの電源を1度切り、10秒ほどしてもう1度電源をいれて再起動してみましょう。

スマホのWifi設定

スマホの場合はwifiの設定を1度OFFにして4G回線でアクセスしてログインできるかどうかを確認してみてください。

電波状況の確認

いつもと違う場所でWifiなどを使ってネットにアクセスしている場合はWifiの表示があっても電波が入っていないこともあります。確実に電波の届いている場所、コンビニのWifiなどで試して見ましょう。

サイトに障害(トラブル)が発生している

インターネットに接続できていてもWEBサイトのサーバー側にトラブルや障害が発生している場合もログインすることが出来なくなることがあります。

例えば人気アーティストのチケットを取り扱うチケットぴあのようなWEBサイトなどでは即完売になるチケットの発売時刻にはWEBサイトにアクセスしにくくなってログインしようとしてもエラーになることもあります。

東京オリンピックのチケットが発売された時などは1度にたくさんの人がWEBサイトにアクセスしてサーバーがダウンして表示できなくなるといったこともありました。

対処方法

WEBサイトに障害が発生している場合、対処方法はこちら側ではなにもありません。復旧を待つことと、障害やトラブル、復旧の情報をTwitterで状況を伝える会社なども多いので普段からWEBサイトが運営しているTwitterの公式アカウントをチェックしておくといいかもしれません。

IDやパスワードを間違えている(忘れた)

ログインするためには通常、会員登録のときにIDとパスワードが発行されます。IDとパスワードを忘れたときや何度入力してもログインできないときはIDやパスワードの再発行が行えるようになっているサービスがほとんどです。

対処方法

IDやパスワードは場合再発行することができます。再発行する方法は様々です。多くの場合はログイン画面のパスワードを入力する空欄のすぐ下に「パスワードを忘れた場合」や「IDを忘れた場合」と書かれたリンクが用意されています。リンクからIDやパスワードの再発行の手続きを行うことができます。

半角・全角の間違い

IDとパスワードはほとんどの場合、半角の英数字やメールアドレスで登録することがほとんどです。日本語や全角を使ってのログインというものは今のところ私は知りません。

対処方法

半角と全角をくらべると以下のようになります。半角と全角の見分けは慣れていれば横幅などで分かるかもしれませんが、操作になれていない人は間違えてしまいやすいです。

半角英数字 abcdefg 123456
全角英数字 abCdefg 123456

PCの場合に半角に切り替える方法は 、キーボードのボタンの1つにある【半角/全角】キーを押すだけです。

iphoneの場合はキーボードの左下にある地球マークから日本語入力や英語(アルファベット)入力に切り替えることができますが、英語入力に切り替えればデフォルトの状態では半角になっています。

アンドロイド端末の場合はキーボードの種類がいくつかありますが、iphoneと同様にキーボード内のボタン操作から半角に切り替えることができます。

似ている英数字の入力ミス

見た目が似ている英数字で入力ミスをすることもあります。以下の英数字をひと目見て見分けが付く人は少ないのではないでしょうか。

  • 数字の0(ゼロ)とアルファベットのo(オー)
  • アルファベットのI(大文字のアイ)とl(小文字のエル)と数字の1(イチ)

他にも手書きのメモなどで数字の2がzに見えやすいなど、似ている、見間違える英数字はたくさんあります。もう1度入力しているIDやパスワードを確認してみましょう。