ヤマト運輸のあまり知られていないサービスの1つ翌朝9時までに荷物を届けてくれるS-pat9(スパット9)の解説です。


翌朝9時まで便。ヤマトのS-PAT9時便とは?

S-pat9は全国の主要都市に限定して翌朝9時までに荷物を届けてくれるサービスです。あまり知られていないのは利用できる人が法人契約している場合に限られるからですね。

個人利用で宅急便を急いで送りたい場合は宅急便タイムサービスを利用しましょう。

S-PAT9時便を利用する条件

利用する条件は以下の通りです。

  • 送る側、受け取る側どちらも法人であること
  • 送り先は決められた都市部であること
  • 配達日は平日のみ
  • 受付時間は夕方まで
  • サイズごとのオプション料金を支払う

続いて詳しい受付時間や料金、送ることが出来る場所について詳しくご説明します。

受付時間や料金

受付時間

S-PAT9時便は夕方までの受付時間まで。正確な時間はヤマト運輸の公式ページには書いてありません。それは営業所ごとに受付時間が異なるからです。夕方ごろなので16時までだったり、17時までだったり、18時までだったりすることあります。また土日や祝日でも受付時間が違うので注意しましょう。

料金

料金は通常の宅急便にオプション料金を支払う形になります。サイズによって下の表のように料金が加算されます。

60サイズ+400円
80サイズ +700円
100サイズ +1000円
120サイズ +1300円
140サイズ +1900円
160サイズ +2500円

送ることができる場所(届け先)

指定された都市と言われると東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、広島、福岡くらいかと思ったら意外とたくさんありますね。詳しい資料はヤマト運輸の公式サイトにあります。

PDFファイルダウンロードはこちら
>>>S-PAT9のお届け可能エリア(PDF:180KB)

まとめ

今回ご紹介したS-PAT9時便は法人しかりようできませんので個人で利用したい場合は宅急便タイムサービスを利用しましょう。会社の資料などを朝の会議までに届けたいときなど翌朝9時までに届くヤマトの9時便はとても役に立ってくれます。