郵便物を送るときになるべく安く送りたい。でも発送から配達まできちんと追跡できないと不安。

そこで、郵便で追跡もできる1番安いサービスをご紹介します。


郵便サービスで追跡できて安いのは特定記録郵便。

郵便物や一部のゆうメールに

特定記録郵便とは?

特定記録郵便とは郵便物やゆうメールを郵便局が受取った(引受け)から配達までの記録が残り

追跡することができる郵便のオプションサービスです。ただし、対面での手渡しではなく、受領印や

受取の署名を行なうこけではなく郵便受けに配達されます。

特定記録郵便の追跡方法

郵便局で郵便物を出したときに引受けの受領証がもらえます。

その受領証(レシート)の一番下にお問い合わせ番号が書かれていますので

その番号を使って追跡することができます。

関連記事

 

特定記録郵便にかかる金額

郵便物などに特定記録のオプションをつけるときの料金は

郵便物の基本運賃+160円です。

 

特定記録郵便の出し方

特定記録郵便は郵便局での引受けの記録を残すので

必ず郵便局の窓口で出す必要があります。

ポスト投函で出すことはできません。

特定記録郵便は土日も配達してくれる?

特定記録郵便は土日の配達はありません。

通常の郵便物の配達記録を残すものなので

通常郵便と配達日数などもかわりません。

もし、土日に配達してもらいたい場合は

速達を利用すればの記録を残して配達してもらうことができます。

特定記録郵便は補償がないので注意

特定記録郵便は配達の記録を残して追跡するだけの機能を付加するものなので

ゆうパックや速達などのように郵便物が配達の途中で事故にあった場合に補償が

あるわけではありません。